キャッシングで借りられる金額(融資額)


キャッシングでお金を借りる場合、一体どれくらいまで借りられるのか、気になる方も多いと思います。
借りることのできる金額、融資金額は、会社や人によってもちろん違いますが、通常のキャッシングであれば、最高で50万円というところが多いようです。

なぜ50万円なのかというと、貸金業規制法という法律で、一定の融資限度額が定められているからです。
※総量規制によって、年収の3分の1を超える融資はできませんので、この範疇での融資金額となっています

もちろんこの金額は通常の審査の場合で、収入証明などの書類を提出するなど、別途厳重な審査を行なったりすることで上限を上げることも可能です。
多くの金融会社では、50万円を超える融資については、「厳重な審査を行います」や「50万円以上のご契約は収入証明が必要です」となっているかと思います。

実際に融資の審査の際には、この限度額の範囲内(多くは50万円)で審査が行われ、決定されます。

また、融資可能額は返済状況や利用状況などを元に、定期的に見直しが行われます。
初めての利用の場合は、20万円など少なめの金額から契約し、その後の実績と信用によって融資枠が広がっていきます。

タイトルとURLをコピーしました